アメリカ留学してみませんか?
2018年11月9日

潜在能力を持った若者程、留学を考えるべきです

日本の社会は良く言えば家族的な暖かさがあります。

人々は互いに協力的であり、道徳と公共心に溢れ、普段から人々の輪を重んじる空気があるため、犯罪は少なく、人々は常に勤勉で実直です。しかし、反対の方向から見れば少々真面目過ぎる雰囲気が漂っています。特に個性的な性格を持つ若者は、出る杭は打たれる、といった諺の通りになりやすいです。日本式の教育では個性や学力がイマイチ伸び悩む生徒がいるのも事実であり、そういった潜在能力に秀でながらも、日本の国では生きづらいタイプの若者は、思い切って国外に出た方が良いでしょう。

留学は潜在能力に秀でた若者のポテンシャルを引き出せる選択肢です。米国や欧州、アジア圏、今では多彩な留学先が用意されています。英語教育のために行くのが留学の意義だと思われていますが、それだけではありません。個性を尊重し、ひとりひとりの潜在能力を上手く発掘してくれる海外式の教育は、いわゆる日本の高校や大学ではいまいち活躍出来ない生徒を、一回りも二回りも成長させてくれます。

日本の教育水準は極めて高いですが、それはあくまでも画一的な義務教育に限った話です。特に北欧や米国では、一芸に秀でた若者の個性を尊重し、欠点を長所に変える教育方法をとっています。浮きこぼれや落ちこぼれの生徒こそ、留学というオプションを積極的に選び、国外でスキル上げをしましょう。大学生の頃は丁度余暇がありますので、日本以外の空気を吸い、他国の文化を知る事が良い社会勉強にもなります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *