アメリカ留学してみませんか?
2018年11月18日

留学をすると有利になること

客室乗務員の仕事は、現在でも人気の仕事の一つであり、10年ほど前は、男性も女性も憧れる職業の第3位には入っていましたが、ただ、現在ではランクとしては10位までに落ち込んでしまっています。

それでも、英語力などが必要なこと、また、ある程度の容姿やスタイルなどが必要な仕事であるため、いまだに憧れている女性の方は多く、有名な私立大学などを出て、または地方などの有名な国立大学などを卒業した後に、正規の社員さんとして、客室乗務員さんとなる人もいます。このような時には、面接の際に、留学をしていたかどうか?がとても重要視されることがあります。

どうしても、客室乗務員の仕事となると、お客様、特に英語などを使った会話は必須となるため、このようにネイティブの英語力がある人を、採用側も求めているからです。そのため、1年以上の留学がある人の場合には、留学が皆無の人に比べて、優遇されて採用されるとも言われており、特にこのように、英語力や、他にも、珍しい言語ですがスペインへの留学や、中国への留学があったのかどうか?を問われるケースもあります。

これは、国際線に乗る場合には、このような海外の言語を流暢に話せる必要があるためであり、そのため、しっかりと会話力があるとみなされた場合には、他の人と比べて、かなり差をつけられる形になります。また、今でも、一部の人にとっては、ドラマなどの影響から、客室乗務員に憧れる人は多いので、倍率は高いとされています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *