アメリカ留学してみませんか?
2019年4月24日

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学は、学校の費用や生活費等を合わせて1ヶ月10万円から15万円程度等、留学費用がとても安い事が魅力です。

更に、海やプールでバカンスを楽しむ事も可能な上、物価が安いので、観光等も楽しみやすいというメリットがあります。ただ、フィリピン留学にもデメリットは存在します。留学を決めたら、メリットばかりではなく、デメリットも把握しておく事で、実際に留学をしてから、イメージと違ったというミスマッチを防ぐ事が出来ます。デメリットとなるのが、現地の人が英語以外の言葉も話す事です。

フィリピンでは英語が公用語となっているのですが、現地の人はそれ以外にも現地の言葉を話すという人は少なくありません。ですから、相手によっては、英語だけでは話が通じにくい可能性も出てきます。アメリカやイギリスの場合、学校だけでなく、現地の人も英語を話している状態ですから、それに比べると、フィリピンは英語だけを集中して勉強したいと考えた場合には、不向きな場所となってしまいます。更に、フィリピンの人が話す英語には、訛りがある事も珍しくありません。

ですから、フィリピン留学を考えた場合、こうしたフィリピンの環境を把握しておく事が重要になってきます。そんなフィリピンでの留学は、1週間から可能というところも多く、不安な点がある場合等は、まず短期留学から考えてみるのも良いでしょう。そして、それで問題なければ、本格的に留学をしてみる事がお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *