アメリカ留学してみませんか?
2019年6月24日

大学留学が難しい時に使える方法

大学留学は簡単ではありません。

高い英語力がないと、大学が実施する試験に通らないことがあります。そのような場合でも、大学留学をあきらめる必要はありません。まず短大に入る大学留学の方法があります。短大に入って、その後大学に編入すれば、大学を卒業したことになります。短大に入る時も試験がありますが、大学の試験ほど難しくはありません。現地に行ってからの短大の授業も、大学の授業にくらべたら分かりやすいです。もちろん、短大に入ってからは熱心に勉強する必要があります。特に英語力を伸ばさなければなりません。

日本で生活するよりは、英語力を伸ばせます。1日中英語を使うことになるので、日本で暮らすよりは良い環境です。また普通の生活でも英語を使うので、日常会話も得意になります。短大は2年間のことが多いです。それを終わらせてから、大学に編入します。この時は、2年生に編入する方法と3年生に編入する方法があります。

後者の方が好ましいですが、試験の結果や学力によって2年生になることがあります。短大で2年間勉強しているので、大学の授業には付いていきやすいです。途中から入っても、ちゃんと卒業できたら、その大学を卒業した資格を貰うことができます。一般に英語圏の大学は入ることよりも、卒業することが難しいと言われています。一度入学したら、短大でも大学でもしっかり勉強する必要があります。留年するのはできるだけ避けなければなりません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *