SEO対策では質の良いページ数を増やすことが肝心

自分では気に入っているホームページでも検索結果で思うように上位に上がれない、もっと多くの人に見てもらいたいのに、と思っている人は多いのではないでしょうか。

そこでSEO対策が必要と考えるのですが、初心者の場合、何から手を付ければ良いのか分からないのが現実かと思います。そこで、まずチェックするとよいのが、サイトで提供している情報量です。単純に言えば、ページ数が少なすぎないか確認しましょう。なぜページ数に着目するかと言えば、各ページは集客の入り口的役割を持っているからです。

閲覧者がキーワードで検索し、最初に開くページは決してトップページに限らない、ということはインターネットを利用する人なら分かっているかと思います。つまり、トップページ以外の個別ページを増やすことは、「入り口を増やす」ことに繋がるのです。ただし、ただ単純にページを増やしても効果がないという点も知っておくべきでしょう。良くないのが、質の低いページを大量生産することです。

閲覧者にとって有益な情報がない・文章が少ない・SEO対策を考えたキーワードを設定していない、これらのページを沢山作っても集客数の上昇は見込めません。また、他ページから複写した文章が多かったり、他サイトと重複する文章があったりすると、SEO対策はおろか検索エンジンから悪い評価を下されることにもなりかねませんので注意が必要です。つまり、検索順位を上昇させるには、ユーザーに役立つ情報がきちんと掲載されている「質の高いページを多く作る」ことが大切だということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *