SEO対策とはどういったものなのか

SEO対策は検索エンジン最適化のことで、インターネットでの検索結果が上位表示されるための施策のことを言います。

検索エンジンには、YAHOOやGoogleなどいくつかの検索エンジンがありますが、基本的にSEO対策をすると言われるのは、Googleに対する対策になります。なぜGoogleに対する対策なのかというと、利用者のほとんどがGoogleを使用しており、YAHOOにおいてはGoogleの検索アルゴリズムを使用しているためこれに対する対策のみで十分にユーザーの流入をすることができます。

このアルゴリズムは、たくさんの要素が組み合わさることによって構成されており、その中でも重要とされているのが被リンクの数とコンテンツの質になります。被リンクというのは、記事の内容によって他サイトがリンクを入れている状況のことで、これは記事の質が評価されることで増やしていくことができます。

SEO対策を考える際に重要となるのは、被リンクにもつながるコンテンツの質なので、まずはコンテンツの質を向上していくことが第一課題になります。Googleは公式サイトで、ユーザーの利便性を第一に考えたものを作成し、情報の信頼性や品質を高めることも重要だと記載しています。最近では、スマートフォンユーザーが増えたことで利用者のほとんどがスマートフォンを利用しての閲覧するようになりました。そのためGoogleでは、スマートフォンを意識したサイト運営が重要であるとも言っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *