SEO対策の被リンクにおいての注意点

ホームページには参照先となるリンクを設置することが多いかと思われますが、リンク先のウェブサイトがなくなっているとユーザーはその先にアクセスができなくなるデメリットがあります。

これは検索エンジンからの評価をマイナスに導いてしまうものでもあり、SEO対策の中ではリンク切れはすぐに正すことが大切です。他のウェブサイトからリンクを付けて貰うこともあるかと思われますが、SEO対策での被リンク対策は集客効果を期待できることと検索エンジンが被リンクを辿りサイトにアクセスするなどから対策効果への期待も高くなります。

ただ、被リンクは数を多く作れば良いものではなく、人が多く集まる有名なウェブサイトや有益な情報を多数掲載してあるウェブサイト、そして自社のサイトとの関連性が高いところからの被リンクはSEO対策の中では高い成果を見込むことができます。仮に、人がほとんどアクセスしないところからのリンクが多くある場合、自社サイトの評価が下がってしまうこともありますしブラックハットでのSEOを行っているウェブサイトからのリンクは、その評価をさらに下げる結果になるので注意しなければなりません。

なお、SEO対策を専門にしている会社などでは、有益な情報を提供しているウェブサイトからの被リンクを付与してくれたり、ユーザー数が多いところからのリンクですから検索エンジンの評価への期待とそこからの自社ホームページへの流入などへの期待も大きくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *