ソースコードでSEO対策を実施する

ある程度サイトの方針を企画で決めることができれば、次にサイトを構築することになります。様々なコンテンツを作っていくために、根気も必要といえるでしょう。そんな中でサイト内部のソースコードも意識して、最適化や構成する上でマップなどを作成することもあります。ここでSEO対策を実施することになりますが、内部対策を主に実施する基礎対策フェーズに該当します。

検索時にユーザに引っ掛けてほしいキーワードも、徐々に企画段階で決まっていくことでしょう。キーワードまで決まれば、次はいよいよ基礎対策フェーズです。設定し検索してもらいたいキーワードを意識しながら、サイトの最適化を行います。最初にタイトルですが、タグを利用して最適化を行う際に最も重要な箇所です。

ページ名やサイト名などを決めていきますが、これはページの名称を決める時にキーワードを考えながら設定します。ある程度キーワードが含まれていれば、理想的と言えるでしょう。設定内容で検索エンジンの結果で表示されるため、ユーザの目に留まりやすい情報を記載することが重要です。次にメタディスクリプションですが、SEO対策の中ではタイトルと異なり順位に直結しません。

検索時に結果で影響しますが、興味を持てる内容に仕上げることが重要です。そして見出しとなるh1タグを決めていきますが、明確にサイトが把握できる内容に仕上げることが必要です。このようにサイト内の様々なソースコードを利用しながらSEO対策を実施し、よりユーザが検索しアクセスしやすいサイトをアピールしなければなりません。SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *