スパム対応でSEO対策効果を上げる

検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザーがコンテンツに求めている情報を的確に当てるために必要不可欠なもので、年々このアルゴリズムの精度は高まっています。しかし、以前にはこのアルゴリズムの弱点をついた施策を行っていた業者も存在しており、そのようなサイトが上位に表示されていたケースもありました。現在ではアルゴリズムが大きく改善されており、そのようなサイトが上位に表示されないようになってきているので今度は反対にコンテンツがスパム認定された場合に大きく順位が低下していく原因になります。SEO対策で重要なのは、コンテンツが検索順位の上位に表示されることなのでスパム認定されることはSEO対策においてマイナスに働いてしまいます。

そこで、重要となるSEO対策の方法は、低品質なコンテンツや被リンクを減らし、クローラーを騙すような行為はしないことが大切です。低品質なコンテンツは、中身の内容が他サイトのコピーであったりコンテンツを使い回したものだったりするもので、このような場合googleによってマイナスの評価を受けることになります。低品質な被リンクの場合、サイトの運営者自らによる意図的な方法での被リンクの作成や被リンクの購入が行われている場合があり、このような場合にはgoogleは低品質なサイトであると判断をして検索順位を大幅に下落させる手段を取ります。また、クローラーを騙すような隠しリンクや隠しテキストもgoogleによって低品質なサイトだと判断される原因になるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *