SEO対策、過去と現在の違いは

サイトの検索順位を上げるために、SEO対策について研究している人も多いことでしょう。とはいっても、日々クローラーの精度も上昇し、またスマートフォンなどのモバイル機器の普及から、対策を講じるにあたっては最新の情報に則しておこなっていくことが求められます。ここでは、かつてのSEO対策と現在ではどう変化してきたか、その違いを見ていきましょう。まず、過去のさまざまなSEO対策の特徴を思い返してみると、共通するのが「テクニックが重視」されていた傾向があったという点があります。

その代表的なものが「被リンクの数を多く獲得する」ことでしょう。この手法がおこなわれていた時期は、「外部リンクが多くあるサイトは評価も良い」という評価基準が、検索エンジンのロジックとして存在したためです。さらに評価精度が現在のように高くなかったため、抜け穴を利用したスパム行為なども可能だったという背景もあります。それと比較して現在の検索エンジンの評価は、文字数の多さや外部リンクの数などよりも、より「質の高さ」を重視し、それを評価するようになってきています。

例えば、大手検索エンジンの掲げる方向性は、「ユーザーファースト」がその基本です。具体的に言えば「ユーザーが知りたい情報をきちんと提供すること」、「ユーザーの使い勝手を向上させること」などが挙げられるでしょう。つまり、現在そして今後のSEO対策を考えるうえで重視すべきは「量」より「質」であり、有益な情報を見やすい形で提供できるサイトにする、この基本概念を念頭に置いて施策を講じていくことが重要だということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *