Googleマップの利用箇所

Googleマップはブログやホームページでの利用がとても多いサービスです。目的の場所をGoogleマップで選べばすぐにホームページやブログで埋め込める形式のコードを取得できます。取得されたコードは多くのホームページなどでそのまま利用できますのでプログラムに詳しくなくても地図を使うことが可能です。しかも、利用は無料であり、企業での利用も無料ということでとても好評なサービスです。

また、GoogleマップはAPIと呼ばれる専用コードごしに地図サービスを自分のアプリで利用することもできます。ナビゲーション、アプリに地図表示、各種計算、GPS連動などアイデア次第でGoogleマップを使った新しいアプリが続々登場しています。APIの利用は無料で登録できる開発者登録が必要ですが、メールアドレスのみで登録できる手軽さが好評です。また、Javascriptでの利用も可能なのでスマートフォン以外にもWebサービスや各種プログラムでの利用が盛んに行われています。

APIの利用は無料ですが、会社などローカルな状態で利用する場合は有料サービスとなります。サービスについては地図取得以外にもロケーション取得、ナビゲーション、距離計算など幅広いサービスが利用でき、アクセス数次第ですが、多くの場合無料で利用出来ると考えられています。Googleマップは汎用性の高いアプリへの利用が特徴であり、今後も使える機能が増えていると期待されています。SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *