ストリートビュー機能が嬉しいGoogleマップ

Googleマップは大手検索サイトのGoogleが運営する地図検索サービスです。検索サイト同様に「地域名や施設名」等を打ち込む事で、その土地に関する情報が引き出せます。情報が主体的にリサーチ出来ますので、通常の地図帳よりも利便性が高いです。またGoogleマップは全てのネットユーザーが無料が使えます。

更にスマートフォン、タブレット、ノートパソコンまで、ハードウェアに関わらずサービスを使えるのも利点です。広々と地理情報を俯瞰で確認したい時はパソコンが役立ちます。ブラウザの画面を広く使えまし、全画面表示のモードを使えば、細かい文字やデータまで手に取るように分かります。また移動時に利用するなら、スマートフォンやタブレットでGoogleマップを使いましょう。

位置情報を随時、配信する設定にしておけば、カーナビゲーションのように現在位置がリアルタイムで把握出来ます。今、ネットで地図情報が確認出来るサイトはそう珍しくありません。地図情報を引き出すだけなら、Googleマップと他社サービスと大きな差はないです。しかし、Googleマップには現地の様子を、バーチャルリアリティ的に体験出来る「ストリートビュー」があります。

ストリートビュー機能を使えば、現地の様子を360度、自由にカメラを自分で操作しながらチェック出来ます。紙媒体の地図では二次元的な様子しか分かりませんが、ストリートビューなら3D状態で建物の位置関係や外観が、写真にてリアルに体験出来ますので、前日に確認しておけば、当日迷う事はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *