Googleマップの汎用性

Googleマップは2005年にGoogleが無料公開した地図サービスです。Webから地図を参照するなら無料で利用でき、アプリやプログラムからの利用であってもほぼ無料で利用出来るのが利点と考えられています。Googleマップが評価されるのは地図の精度と利用範囲の広さです。地図データについては2次元地図は日本ではゼンリンが、ストリートビューなどの追加サービスはGoogle自身が各国でデータ収集を行っています。

どのデータも商業活動にも使えるレベルで高精細であり、地図の更新もとても早いのが特徴です。特に都心部など地図が変わりやすい地域では修正がよく行われ、ナビサービスよりも使える地図として注目されています。Googleマップが評価されるのは汎用性の高さもあります。無料提供されるAPIは各種プログラム言語で利用しやすいように整理されており、また、公開アプリならほぼ無料で利用出来るのも嬉しいところです。

無料の範囲はとても広いですが、企業などでローカルにクローズドアプリとして作成しないかぎり課金されることはほぼ無いと考えて良さそうです。アプリについてはAPIから呼び出す以外にも埋め込みとして利用することもできます。これはブログやWebでよく利用される方法であり、目的の場所で埋め込み用のコードを取得する方法です。この場合、開発者登録も必要ありませんし、Twitterのリツートのように簡単に利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *