GoogleMapsAPIの利用には登録が必要です

GoogleMapsAPIとは企業・個人を問わずホームページに無料で地図を導入できるサービスです。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースのことで、ソフトウェアの機能の一部を他者と共有することができます。ホームページやソフトウェアを開発する場合に、あるソフトウェアのAPIを利用すると機能を埋め込むことができます。以前は地図を利用するためにサービス提供会社へ多額の利用料を支払う必要がありました。

現在ではGoogleMapsAPIを利用することで誰でも無料で地図を導入できます。GoogleMapsAPIを利用するためにはAPIキーの登録が必要です。以前はAPIキーの登録が不要とされていましたが、現在では必ず登録が求められます。地図を導入するために必要な作業はAPIキーの登録とHTMLファイルへのコードの記載のみです。

誰でも簡単に地図を導入できるという特徴があります。また以前は有料の地図サービス提供会社が作成した形式のもののみを使用するのが一般的でしたが、GoogleMapsAPIを利用すればスタイルシートでデザインを変更できます。ホームページ上の任意の場所に表示させることも可能です。HTMLファイルへのコードの記載は、公開されているコードをコピーして貼り付けるだけで済みます。

GoogleMapsAPIはAPIキーの登録とコードの貼り付けという非常に簡単な作業で利用できるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *