GoogleMapsAPIの利用には登録が必要です

GoogleMapsAPIは誰でも無料でホームページに地図を導入できるサービスです。APIとはソフトウェアの機能を共有するためのインターフェイスの仕様を指します。APIのコードがインターフェイスの役割を果たしてソフトウェアの機能を共有することが可能となります。ホームページを作成したり新たなソフトウェアを作成する際に、APIを利用すれば他のソフトウェアの機能を組み込むことができます。

GoogleMapsAPIを利用するとホームページに地図を組み込むことが可能となります。以前は有料の地図サービスが主流でしたが、GoogleMapsAPIの登場により誰でも無料で地図を利用できるようになりました。実際にホームページへ地図を導入するための作業は、APIキーの登録をしてHTMLファイルにコードを記載するだけです。かつてはAPIキーの登録をしなくても地図を利用できましたが、現在は必ず登録するようになっています。

公開されているコードを利用してホームページ上の好きな場所に地図を表示できるだけでなく、CSSを使用すればデザインも自由に変えることができます。有料の地図サービスが主流だった時代には、決まった形式のもののみが使用できました。現在では自由に地図の位置やデザインを変えることができます。GoogleMapsAPIには関連するAPIを使用して有料で企業向けに様々な機能を追加するサービスも存在します。

一方無料サービスでも十分な機能を有しており、日本国内だけでなく世界中の地図を利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *