GoogleMapsAPIの登録

GoogleMapsAPIキーを登録しておくと地図の利用状況を確認したり、1日あたりの割り当てを追加することができます。あと必要な場合にアプリケーションについての問い合わせができるようになります。GoogleMapsAPIを登録するやり方はまずGoogleMapsAPIsforWebにアクセスをし、その後キーを取得ボタンをクリックします。その次に1つの画面が出てくるので続けるを押します。

必要があればアカウントをログインし他方が良いです。アプリケーションを登録するプロジェクトの選択で続行ボタンを押し続行ボタンを押すとGoogleMapsAPIの作成画面になります。OKボタンを押して最後GoogleMapsAPIのURLを入力すると完了です。この時、ワイルドカードが使用できるので好きなように設定することが可能です。

入力した後は忘れずに保存しておきます。もしここでURLを入力し忘れると他のサイトでキーが使用できなくなるので必ず登録する必要があります。GoogleMapsAPIを確認する方法は認証情報で確認することができます。必要に応じてAPIを追加することが可能です。

キーを設定しても地図が表示されない場合は、ブラウザでアクセスし認証情報をクリックしてドメインを設定すると地図が表示されるようになります。表示されるようになったら保存ボタンをクリックします。料金は無料なので安心して使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *