GoogleMapsAPIに登録して地図を利用する

GoogleMapsAPIとは誰でも無料で利用できる地図サービスです。コードをホームページのHTMLファイルに記載するだけで好きな場所に表示できます。GoogleMapsAPIが登場する以前は有料の地図サービス提供会社を利用するのが一般的でした。GoogleMapsにも関連するAPIを利用した企業向けの有料サービスを行っている会社が存在します。

しかし基本的に無料サービスだけでもホームページの機能性を向上させるのに十分な機能があります。表示できる地図は日本国内だけでなく、世界中のあらゆる地域を含んでいます。有料の地図サービス会社を利用する場合には、高額な利用料が必要でした。また地図はサービス提供会社のホームページとリンクされていたり、予め形式が決められているのが一般的です。

GoogleMapsAPIを利用すればホームページ上の好きな場所に地図を表示できるだけでなく、スタイルシートで形状を変更することもできます。実際に地図を導入する方法は非常に簡単です。GoogleMapsAPIのサイトにアクセスしてAPIキーの登録を行います。その後公開されているコードをコピーしてHTMLファイルに貼り付けます。

以前は登録なしで利用可能でしたが、現在は必ず登録が求められます。APIキーの登録とコードの貼り付けだけで地図を導入できます。さらにコードにidタグを使用すればスタイルシートで幅や高さなどを自由に変更可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *