使用するのに登録が必要なGoogleMapsAPI

従来、GoogleMapsAPIを使用してアプリケーションや地図コンテンツを作成するには、ライブラリの呼び出しだけで使えましたが、現在では登録を行う必要があります。公式ページにアクセスしますと、キーの取得ページがありますので、ここでキーを取得する手続きを行います。取得したAPIキーを登録する方法は、GoogleMapsAPIのアドレスにクエリを追加する形で行います。アドレスの後にAPIキーを追加する事でGoogleMapsAPIのキーを登録してマップの表示が可能になります。

このキーはGoogleの設定画面で制限をかける事も可能であり、使用状況に応じてキーに使用制限を行っておけば良いでしょう。プラグインや独自アプリケーションなどで使う場合には、更にAPIキーを追加する必要があります。GoogleDevelopersConsoleEnabledAPIslistに各種API用のAPIキーを取得出来るようになっていますので、任意のプロジェクトを作成して、必要なAPIに対してAPIキーを有効化していきます。正常にAPIキーを取得してGoogleMapsAPIに登録が出来ていれば、スマートフォンやタブレットのアプリやブラウザ上で表示出来るWebアプリケーションなどで地図を表示する事ができ、様々な使い方を行えるようになっているはずです。

Webアプリケーションとスマートフォンなどのアプリでは、必要となるAPIキーが異なってきますので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *