料金が無料で利用できるGoogleMapsAPI

GoogleMapsAPIは企業・個人を問わず誰でも料金が無料で利用できる地図サービスです。ホームページのHTMLファイルに公開されているコードを記載し、好きな場所に表示させることができます。GoogleMapsAPIが普及する以前は有料の地図サービス提供会社に高額な利用料金を支払うのが一般的でしたが、現在は基本的に無料で世界中の地図を利用できるようになりました。企業のホームページを対象として関連するAPIを利用し様々な機能を追加する有料サービスも存在します。

有料サービスでは45度の鳥瞰写真や地図利用者の情報分析、乗換案内、ルート検索、渋滞表示など様々な機能を追加可能です。企業がよりビジネスを効率化するならば、有料サービスを活用するのも1つの方法と言えます。しかし料金が無料のサービスでも十分な機能があります。GoogleMapsAPIを活用すれば無料サービスでも企業や個人のホームページの利便性を向上させることができます。

実際に利用する方法はAPIキーを登録して公開されているコードをコピーし、HTMLファイルに貼り付けるだけです。GoogleMapsAPIはJavaScriptを使用してアクセスします。そのためサーバー側でPHPなどのプログラミングは不要です。また無料で提供されているサーバー上のホームページにも利用できます。

以前主流だった有料地図は、予め決められた形式のものでした。しかしGoogleMapsAPIのコードはidタグを付ければスタイルシートで高さや幅などを変更することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *