GoogleMapsAPIの登録で魅力の地図作成

GoogleMapsAPIの登録を行わなくても、webサイトにGoogleMapsの地図と位置を掲載する事が出来ます。GoogleMapsにあります、共有からコードをwebサイトに貼り付ける内容です。ただし、主要な場所からのルートや、特徴的な位置画像の利用などを行う事が出来ません。GoogleMapsAPIの登録を行えば、一般的に利用されていますGoogleMapsよりも魅力的な地図を作成して行く事が出来ます。

例えば、企業やお店のロゴマークや、特徴を現すイラストなどがありましたら、その画像を利用して場所を示す事も可能です。地図を見たユーザーは、その情報を元に足を運び易くなります。GoogleMapsAPIの登録は、提供するサービスの品質向上を期待する事も出来ます。GPS機能と連携を行えば、位置情報を地図に示す事も可能です。

ユーザーの自宅に足を運ぶ必要性のあるサービスを提供している業種であれば、現在位置を示す事によって、ユーザーに安心感を与える事も可能です。この場合は、webページに対して自動でページを更新するプログラムを組む必要性が現れる場合があります。APIを利用しない、GoogleMapsからのコード取得による表示は、表示位置が一箇所と限定されます。GoogleMapsAPIの登録を行えば、少し離れた位置に対しても同時に示す事も可能です。

イベント会場が少し離れた場所に二箇所以上ある場合や、近くに同じ店舗を構えている場合などにも効果を発揮させる事が出来ます。SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *