GoogleMapsAPIのキー登録について

GoogleMapsAPIを使うためには、登録をしてキーを入手しなければいけません。まず、GoogleMapsAPIをどのサイトで使うのかをGoogleに申請する必要があります。具体的なURLを登録すると、キーが手に入ります。このキーがないと自サイトでGoogleMapsAPIを使うことはできません。

ですから、他のパスワードとともにきちんと管理しておきましょう。ただ、登録は何度でも無料ですることができるので、忘れてしまえばまたキーを生成すればいいだけの話です。これさえあれば、自サイトで無料にて地図を使っていくことができます。会社の場所などを表示するのにGoogleMapsが使えるわけですからユーザーにも歓迎されるはずです。

単純に地図を表示するだけではなくて、さまざまな付加効果を付けることもできます。駅から会社までの道筋を表示させることもできます。地図は重いと考えがちですが、これは非常に軽いので、どういったサイトでも利用価値が高いはずです。JavaScriptで表示させることになるので、プラットフォームを問わない点も魅力的です。

日本だけではなく世界の地図が一気に利用可能になるという点で、インターネット時代には欠かすことのできないサービスだと言えます。サイトにGoogleMapsが使われているなら、そのサイトは無料もしくは有料でGoogleMapsAPIを使っているのだと考えて問題はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *