GoogleMapsAPIの料金体系

航空写真、ストリートビューなどでも知られているGoogleMapは、Googleが提供する高機能地図サイトです。GoogleMapsAPIは、パソコンだけでなく、企業クラウドや、アンドロイド、iPhoneにGoogleMapの機能に加え、利用者が独自のアプリケーションを追加することができるインターフェースで、様々な企業や個人が、社内システムや、ウェブ構築、さらには提供アプリケーションに利用しています。GoogleMapsAPIには無料サービスから有料サービスまで、利用方法と頻度にあわせて料金が設定されています。対応するOSやサービスについて4種類、さらに、それぞれにスタンダードプランと複数のGoogleMapsAPIを組み合わせて利用することができるプレミアムプランが用意されています。

まず、Android・iOS向けのスタンダードプランは無料になります。プレミアムプランは、利用量に応じた料金がかかります。Webに利用する場合、スタンダードプランでは、90日の地図の読み出しの回数の平均が25,000/日までは無料、超えた場合は0.5ドル/1,000回の料金がかかります。スタンダードプランには広告が表示されるのに対して、プレミアムプランでは広告が一切表示されません。

プレミアムプランは1呼び出し毎に料金が発生します。Webサービス(ウェブを利用した情報提供サービス)で利用する場合、タイムゾーンやマップロードといったAPIを追加利用することができるようになります。スタンダードプランでは、2,500リクエスト/日までは無料、それ以降は0.5ドル/1,000回の料金がかかります。プレミアムサービスでは、距離関連のAPIなどの拡張APIが利用できるようになりますが、従量でかかる利用料のカウントには1秒あたりのクエリのカウントも含まれるようになります。

全ての利用料は上限設定が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *