GoogleMapsAPIの利用料金とは

GoogleMapsAPIはGoogleの地図やそれに関連するサービスを、自分のWEBサイトなどで利用できるようになる大変便利なAPIです。ウェブ・ウェブサービス・Android・iOSという、利用するシーンが大変多いであろう分野において導入可能という利便性の高さも、ユーザー数の増加に拍車をかけていると言えるでしょう。しかし、それだけ便利なものであれば、GoogleMapsAPIの利用に際して料金が発生するのではないかと不安になることでしょう。また、商用利用では利用料金が発生することはごく普通のことです。

ところがGoogleMapsAPIでは、定められた規約や制限に従っていれば、商用サイトやアプリでも無料で利用可能です。誰でも見られる、あるいは会員サイトでも無償で利用可能であれば、個人・商用を問わず無料です。ただし、1日のアクセス数が一定値を越えてしまう場合はGoogle側の処理負荷が高いため、料金の支払いを求められるようになります。また、利用するAPIによっても料金設定は異なります。

例えばAndroidアプリで利用する場合、地図を表示する「Google Maps Android API」と、商業施設や観光地などの最新情報も表示する「Google Places API for Android」の二つが提供されてますが、前者は基本的に制限なく無料利用が可能で、後者は1日のアクセス数に制限が設けられています。更に細かい金額設定については非公開となっているため、具体的な試算を行いたい場合は直接問い合わせる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *